FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の今頃は大体2週に一度くらいの頻度で
「障害者手帳を更新するか否jか」 の知的判定テストのために
児童相談所に通いました。

田中ビネーとWAISーⅢ(ウエイス・サード)で3回。

9月中旬から通い始めたそのテストの結果を踏まえて
児童相談所内での審査が出たのが11月に入ってでした。


電話で受けた判定結果は
知的障害には「該当せず」

この結果は、テストを受ける前jから何となくわかっていました。

初日、私に合うなり開口一番、事務担当の方が
「IQ90を越えたら、とにかく非該当ですから」
といったひと言と、
検査中に(行く当てがなくなることを想定して挙げておいた進路ですが)
「大学に行くって言うのに知的障害って・・・おかしいでしょ。」
という心理士さんの言葉。

「非該当にしなければいけないケース」と
されているんだなと思いました。
こういう役目を負わされる方はお気の毒です。
結構、ストレスがかかるのじゃないかなと思います。

S-M社会生活能力検査ではサポートが必要なレベルの一方、
ビネーやウェックスラー検査のIQがそこそこあるので
所内検討の結果、非該当になったようです。

電話で心理士さんはこんな話をしてくれました。
「WAISで正解を答えられなくても、
当たらずしも遠からずのような答えがあって、
それは答えがわかっているものとして加点しました。
(結果)今回は言語性IQ>動作性IQとなりました。」


言語性のIQが体調によって上下していたのは事実なんだけれど、
それでもこれまで動作性IQを越えることはありませんでした。

手心を加えなくてもこの結果がでたら、すごく嬉しかったんですが・・・

とにかく、この結果を踏まえて主治医には
既定路線の次の手を打ってもらうことにしました。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。