マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は高校の入学式。

雨も雪もあられも降る中、二時間半をかけて赤いとんがり屋根の本校に向かい、
広がるのは視界のほとんどを占める畑の上の融けきらぬ雪と
それでもわずかに融けて土がなんとかみえてる隙間から、
ちょこちょこ顔を出してる若草色のフキノトウ。

新入生はマロンを入れて16人。
明日から数日は午前授業で、
フリースクールの時にもフォローに入ってくれていた先生が担任ですが、
<高校生になったからには>とマロンはかなり緊張しています。


義務教育の9年間のうち、学校に行けたのは約5年7か月。
核心部分は書いたり、誰かに話すということもありませんでしたが、
行けなくなったエピソードも行けなくなった間の時間も
とても貴重なものにすることができたと思います。

そして、中でも二番目の小学校とフリースクールでの思い出は
マロンにとって宝物の時間でした。


主治医からは知的には低くなくても自閉症度としては重いものがあるので、
身の回りのことを一人でできるようにするのではなく
利用できるサポートを可能な限り使っての生活を目指すことが必要だろうとの見解を聞いています。

この先、何をどうできるのかわからないけれど、
マロンが自分を損なうことなく生きていけるように、
可能な限り一緒に努力していけたらいいなと思っています。


この先はマロン自身のプライバシーや
母親である私にも話したくないことがいっぱい出てくるはずなので、
このブログやHPの修正・整理はいたしますが
<マロン日記の更新>はここでひとまず終了といたします。

長年お付き合いくださった方々には心からお礼を申し上げます。
いろいろな方からコメントや個人的なメールや
中にはありがたいお申し出をいただいたこともあり、
本当にどれほど力づけられたかわかりません。

そして、もう少し大きくなってからマロンがこれを目にすることがあったら…
私たちはとてもたくさんの人に支えられて生きてきたことを想ってほしいなと思います。


それでは…
長い間本当にありがとうございました。
心から感謝しています。

【2013/04/21 10:00】 | ご挨拶
|

ありがとうございました。
しまなみ
 いつか私のムスメにも、そんな春秋がくるのでしょう。おめでとうございます。クッキーエピソード、自閉ちゃんにとっちゃ、超ミラクルです!!!すごい!
 一番不安だったころ、・・・知的には障害が少ないけれど、自閉度は結構ありそう、な娘にとって、有難い先輩でした。
 奇跡的に続けられたピアノは、両手弾きまでできるようになりました。(練習拒否で、ほぼ初見・・・ですが)人と触れ合う場所づくりのつもりで参加した英会話教室も、書けないくらいすごい{自閉的}エピソードてんこもりでしたが、今月からは私が教室に入らなくても授業45分なんとかまっとうできてます。
 これからも、学校にとらわれない居場所を準備しつつ、歩いていきます。かなりのバックナンバーまで読み込んでますよ。整理整頓?もたのしみです。 ありがとうございました。

本当にありがとうございました
マコロン
しまなみさん、これまでどうもありがとうございました。
コメントを入れてくださって、ずいぶん励みになりました♪

お子さまも少しずつ、スーパーな成長をされているとのことで嬉しいです。
おかしな話かもしれませんが、わが子が障害を持ったことで、ほかのお子さんがとても身近になった気がします。

人は一人で生きてるわけじゃなく、人の間で生きていることを<きれいごとではなく、リアルなこと>と感じているからかもしれません。


ネットの世界もリアルな世界もとても狭いです。
<えっ!>と思うくらいに。
私自身はそんな体験を繰り返しています。

ブログや2~3度のメールではデリケートな話題はなかなか伝わらなかったり、伝えにくいことを感じているので
「誤解」や「プライバシーの保護」も考えると、
<マロン日記>という形での情報発信はここまでが限界かなと思いました。

どんな形でかはわからないけれど、
もしかしたら、そのうちにお会いすることもあるかもしれません。
その時にはまたどうぞよろしくお願いします。

しまなみさんとお子様、ご家族様が
時を重ねるごとに、よりハッピーになっていくことを願っています♪

こちらこそありがとうございました
しまなみ
 こちらも人と接する仕事をし、転勤も多いので、ホントにどこかでお会いすることがあるかもしれませんね。
 ありがとうございました!


しの
久しぶりに開いてみてビックリしましたーでも、一区切りなのですね。新たな一歩のための区切り。
お疲れさまでした!という言葉が適切かどうか分かりませんが・・・ブログにあるたくさんの言葉は宝物ですね。



マコロン
しのさま


お世話になっています♪
最初の一週間は午前授業だったのにマロンが家に着くのはたいてい3時近くでした。
フリースクール時代と同じように、完全下校まで学校にいて、だべってる仲間たちの話しを聞きながらうろうろしていた模様です。

やはり仲間には入れなくって、手持ちぶたさというか、所在のなさっていうのはあるらしいのですが、
一生、その感じがお友達?なのだろうなと思っています。

でも、とりあえず本人は楽しんでいるようなので、これはこれでいいか♪と。


義務教育を終えてみて、<!!>なんてことは最後の最後までありましたし、
こういうところには気をつけないと・・・ということはありましたが、ここでも書けませんでした。

書けないのなら何のためのブログかとも思ったり、
メルマガであれば、ブログやメールよりも伝わるのだろうかと思ってみたり。
結局これは誰のためのものでもなく、私のためのブログだったなと思いました。

加えてプライバシーのこともあって、<ブログ>での<マロン日記>というものは終わらせようと思いました。
この点でおっしゃるとおり「一区切り」であり、「新しい出発」はどんな形にしようかと思っています。

年齢的にはこの先からが<その子らしさ>が出て来ると思うので、進学、就労、障害年金などを考えていくうえで、一つの事例として何らかの参考になれるのかもしれないのですけれど…。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。
 いつか私のムスメにも、そんな春秋がくるのでしょう。おめでとうございます。クッキーエピソード、自閉ちゃんにとっちゃ、超ミラクルです!!!すごい!
 一番不安だったころ、・・・知的には障害が少ないけれど、自閉度は結構ありそう、な娘にとって、有難い先輩でした。
 奇跡的に続けられたピアノは、両手弾きまでできるようになりました。(練習拒否で、ほぼ初見・・・ですが)人と触れ合う場所づくりのつもりで参加した英会話教室も、書けないくらいすごい{自閉的}エピソードてんこもりでしたが、今月からは私が教室に入らなくても授業45分なんとかまっとうできてます。
 これからも、学校にとらわれない居場所を準備しつつ、歩いていきます。かなりのバックナンバーまで読み込んでますよ。整理整頓?もたのしみです。 ありがとうございました。
2013/04/24(Wed) 14:23 | URL  | しまなみ #NkOZRVVI[ 編集]
本当にありがとうございました
しまなみさん、これまでどうもありがとうございました。
コメントを入れてくださって、ずいぶん励みになりました♪

お子さまも少しずつ、スーパーな成長をされているとのことで嬉しいです。
おかしな話かもしれませんが、わが子が障害を持ったことで、ほかのお子さんがとても身近になった気がします。

人は一人で生きてるわけじゃなく、人の間で生きていることを<きれいごとではなく、リアルなこと>と感じているからかもしれません。


ネットの世界もリアルな世界もとても狭いです。
<えっ!>と思うくらいに。
私自身はそんな体験を繰り返しています。

ブログや2~3度のメールではデリケートな話題はなかなか伝わらなかったり、伝えにくいことを感じているので
「誤解」や「プライバシーの保護」も考えると、
<マロン日記>という形での情報発信はここまでが限界かなと思いました。

どんな形でかはわからないけれど、
もしかしたら、そのうちにお会いすることもあるかもしれません。
その時にはまたどうぞよろしくお願いします。

しまなみさんとお子様、ご家族様が
時を重ねるごとに、よりハッピーになっていくことを願っています♪
2013/04/24(Wed) 21:54 | URL  | マコロン #-[ 編集]
こちらこそありがとうございました
 こちらも人と接する仕事をし、転勤も多いので、ホントにどこかでお会いすることがあるかもしれませんね。
 ありがとうございました!
2013/04/26(Fri) 14:19 | URL  | しまなみ #NkOZRVVI[ 編集]
久しぶりに開いてみてビックリしましたーでも、一区切りなのですね。新たな一歩のための区切り。
お疲れさまでした!という言葉が適切かどうか分かりませんが・・・ブログにあるたくさんの言葉は宝物ですね。
2013/04/29(Mon) 22:57 | URL  | しの #mQop/nM.[ 編集]
しのさま


お世話になっています♪
最初の一週間は午前授業だったのにマロンが家に着くのはたいてい3時近くでした。
フリースクール時代と同じように、完全下校まで学校にいて、だべってる仲間たちの話しを聞きながらうろうろしていた模様です。

やはり仲間には入れなくって、手持ちぶたさというか、所在のなさっていうのはあるらしいのですが、
一生、その感じがお友達?なのだろうなと思っています。

でも、とりあえず本人は楽しんでいるようなので、これはこれでいいか♪と。


義務教育を終えてみて、<!!>なんてことは最後の最後までありましたし、
こういうところには気をつけないと・・・ということはありましたが、ここでも書けませんでした。

書けないのなら何のためのブログかとも思ったり、
メルマガであれば、ブログやメールよりも伝わるのだろうかと思ってみたり。
結局これは誰のためのものでもなく、私のためのブログだったなと思いました。

加えてプライバシーのこともあって、<ブログ>での<マロン日記>というものは終わらせようと思いました。
この点でおっしゃるとおり「一区切り」であり、「新しい出発」はどんな形にしようかと思っています。

年齢的にはこの先からが<その子らしさ>が出て来ると思うので、進学、就労、障害年金などを考えていくうえで、一つの事例として何らかの参考になれるのかもしれないのですけれど…。
2013/04/29(Mon) 23:46 | URL  | マコロン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。