FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が着いた以降のメインの話題は卒業に向けてのことでした。

例年、卒業時には父母会からスクールへ「記念品」を贈っているのだそう。
でも、「今年は卒業する子供たちのために何か贈ってあげてほしい」 っていう希望がスクール側からでて、
それに対して「いいんですか~」というためらいも父母側にはややあったけれど、「先生方がそういうなら~」という話になりました。

当然、何にしようか~ってことになり、ぶつくさ言ってた間に出てきたのが
「鍋!とか飯ごう!とかどうだ♪」
という、あるお母さんの声。

その理由が
「うちの子、なんもできなくって。今日は一緒におにぎり握ったんです。
もう、卒業するんだし、これからは自分の力で生きていくんだぞ、っていうメッセージを込めて」
ということでした。

それを聞いたお母さんたちがうちの子は~とか誰々くんは~といいだし、
それがさらに膨らむにいいだけ膨らんで
<一人一人に欠けてるものをメッセージを込めて贈るようにしたらどうだ!
(料理が苦手なら包丁とまな板とか、ちょっとしたメンテナンスがダメな子にはドライバーセットとか)>

って話になり、それを聞いていた先生の一人が、
「贈りたい物を店で(どんなものが置いてあるの)実際に見てみないとなぁ」
といいだして、本来なら父母会の役員が決めて、買い出しもしてくるはずなのに、今年度は先生がどの子には何を贈るって決めて、しかも店で品定めもしてくることになりました。

負担が増えてるにもかかわらず、なんだか笑顔満面で
わくわくしている先生方・・・ (⌒▽⌒)ノ_彡☆バンバン! 
そして、「フリースクールだからできるんだよね~♡」っていう母親たち。


さらにある先生は<卒業旅行もどきはどうだ!?>
(もちろん、きちんと先生引率で日帰り)生徒たちにこっそりけしかけていることを暴露し始め、それを聞いていたマロンの担任は
「いや~、子どもたちよりもぼくがワクワクしてます~。」

・・・あまりに面白すぎる、この先生方。
時に傍若無人な私も、完全に負けました(;⌒▽⌒A

フツーの学校では、ないでしょ、これは・・・ということも、
ホントに子どもたちのためになるんならという目線にかなうなら、すんなり行ってしまうのが面白い。
それがいいかどうかは別として、<こどもたちへ♡>の想いのいっぱい詰まった話し合いでした。

参加者がとても少なかったのは無理からぬことだけれど、ちょっと残念。
それに、私も最初から出席したかった~。


そして…マロンの担任がマロンへ贈ってくれるものは何なのか
その日から本当に待ち遠しかった。

卒業の日、マロンに贈られたもの。
それは少しオレンジ色がかったクリーム色の<スケジュール帳>でした♪

【2013/04/16 14:50】 | ホームスクール・フリースクール
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。