FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにマロンが二番目に通った小学校へ行ってきました。

校長先生や担任の先生、
5年の時に親学級を受け持っていた先生の異動を知ったので、
ひと目だけでも会えたらいいなと思ってのことでした。

小学校に着くとマロンは懐かしそうに見て回り、
時々、思い出したようにパタパタとあっちへ行き、こっちへ行き…。

そうして、お世話になった先生方…
6年の親学級の先生や保健室の先生、用務の職員さんにもあえて、
彼は本当に嬉しそうでした。

最後の最後に、元担任の先生にも会えたとき、
担任の先生は、もう、自分よりはずっと背が高くなったマロンに
駆け寄って、ギュ~ッと抱きしめてくれました。


卒業の時は<出される側>で、
十分に別れを惜しむ時間的な余裕を見つけられなかったけれど、
今回は校舎にも、先生方にも、マロンのペースでお別れができたかもしれません。

マロンがつらい時には、この学校を二人で見に来ました。
この学校はマロンの「心の基地」でした。
知っている先生方がほとんどいなくなるこれからは
多分、ここはマロンの「思い出」に変わるのでしょう。

それでも、きっと、とてもつらいことがあった時には
ここに来るのだろうけれど。

【2013/03/26 16:10】 | イベント
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。