FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリースクールの体験入学は平日の5日間。
土曜日には高校の体験授業があるため、マロンの気力を考えて
火曜日からの開始にしてもらいました。

マロンは混雑が超苦手。
この年齢になっても、混み具合のひどいところは私やヘルパーさんの後ろから
両手で肩をつかみ、盾にしてでないと歩けません。

フリースクールへは公共交通機関を乗り継いでいきますが、最寄りの駅はこの市最大の駅。

新宿駅などと比べればスカスカだけれど、ラッシュ時の人ごみは非自閉の私でも歩きにくい。
ただ、10:00までの登校なので、朝のラッシュはほぼ問題なし。
それでも、最も安全だと思われる車両に乗るようにし、
帰宅時は(これが夕方のラッシュの始まりに若干かかる)
もっとも空いていることの多い車両に乗るようにして、
なんとか、5日間を通うことはできました。


一日目から担当の先生にちょっかいをかけ、お弁当はほかの先生や事務員さんが声をかけて一緒に食べてくれたもよう。

二日目はうまくコミュニケーションをとれないこともあって、「一人ぼっち」という言葉も聞かれましたが「それも、楽しい♪」とみんなの周りをウロウロしていた様子。

放課後活動を見てもよいと聞いていたので、マロンにそのことを話すと、3日目以降は放課後、一時間以上もフリースクールですごしてきました。
見学中の一つ年下の女の子が話しかけてきて、ちょっとだけ会話ができたことがうれしかったのか、ポツポツとその子のことを話していました。


最終日、マロンが帰宅してしばらくしてから、担当の先生から電話があり、5日間の様子などを聞かせてもらいました。

マロンのこれまでの反応、フリースクールの先生から返ってくる言葉は、今ひとつ、私が安心してマロンを押し出せるには、何かが足りなくて、マロンの抱えている危うさや葛藤をおしてまで、飛びこませるべきだろうかいうのが正直なところでした。


【2012/11/29 15:46】 | ホームスクール・フリースクール
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。