マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数年、特にこの数か月、テレビを見ていると
彼らはもう十数年したら、親にトラウマを返したくなるのじゃないかな。
返さなければ、自分を得られないのじゃないかな…
そう思うことが、しばしばです。

私がこの数年、マロンを育てるにあたって、とても注意を払っているのがそのこと。
マリンのほうは見事クリアしたようなので、しめしめとほくそ笑んでいますが
マロンはこれから。


親って、良くも悪くも多大な影響を与えます。
そのことにはいつも最大限の注意を払ったほうがよいと考えています。
中でも自閉症スペクトラムであって、受動型といわれるような場合は特に。

もろく、弱い自我が<彼自身>として成長するようにマロンを育てることが私の目標の一つで、
私の価値観、人生観、嗜好、感情的な気分が
彼の自我となっていくものに大きすぎる影響を与えないことを気遣いながら
毎日を過ごしているというのが偽りないところです。


彼自身の自我を強くして、
彼自身の中にある私や目の前にいる私に思いっきり抵抗できるようになってほしい。
私に最大限の力で「NO!」が言えるようになってほしい。
それが私の願いの一つでもあります。

だから、たまにはマロンがはむかってくる(それも正当なものとして)場面を
作ってみたりします。
ただ、私はそそっかしくって、知らないうちに場面を作ってしまってもおり
直近ではこんなことも…
分母の有理化を教えてみると、計算大好きなマロンはスラスラとクリア。
あっという間に用意した10問を解いてしまったので
こんなのもあるんだよ~ということで
分母が(√a +√b)のパターンを紹介♪

ただ、これが後から数Ⅰの範囲らしいことが判明し、
「ちょっとまだ、スラスラとは行かなかったんだ~」としょぼくれるマロンに
お姉ちゃんのマリンから
「母さん!スパルタ~!!マロン、かわいそう!」
と援護射撃。
その後、二人で「母さん!!!

…すみませんでした~(^^;)
だって、考え方は乗法公式の3番目を使うだけだから
中3の分野だって思っちゃったんだもん。
やっぱり、教科書ガイドかなにか、買いますぅ

私に影響されると<そそっかしい>人間になりそう…


追記を閉じる▲
分母の有理化を教えてみると、計算大好きなマロンはスラスラとクリア。
あっという間に用意した10問を解いてしまったので
こんなのもあるんだよ~ということで
分母が(√a +√b)のパターンを紹介♪

ただ、これが後から数Ⅰの範囲らしいことが判明し、
「ちょっとまだ、スラスラとは行かなかったんだ~」としょぼくれるマロンに
お姉ちゃんのマリンから
「母さん!スパルタ~!!マロン、かわいそう!」
と援護射撃。
その後、二人で「母さん!!!

…すみませんでした~(^^;)
だって、考え方は乗法公式の3番目を使うだけだから
中3の分野だって思っちゃったんだもん。
やっぱり、教科書ガイドかなにか、買いますぅ

私に影響されると<そそっかしい>人間になりそう…

【2012/08/06 10:25】 | その他
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。