FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちに起きる<不登校>として見えるものは
いかだから高速船へ、高速船から戦闘機へ
ダイレクトに乗り換える切符のようなもの。

これまで私たちがいたベクトルから
全く違うベクトルへの瞬間移動の過程
(う~~~ん、伝わるかなぁ。
前の主治医のN先生なら間違いなく完全にわかってもらえるんでしょうけど…)

前回、学校を順調に行けていたら、
某高等学校に進む(予定です)という進路は全くあり得ませんでした。


この学校の存在を知ったのは、前回の不登校の際、
マロンが行けそうなフリースクールを探した時でした。
私自身はS大学に科目履修で在学していたこともあったので
Sグループのフリースクールにも電話をして、そのあと電話をしたのが、この某学校。

期待を込めて電話をすると、そこはSグループとの提携で
「S高等学校Sキャンパス」ということでした。
あれから5年が過ぎて、そこは今は独立した高校になっています。

入学前に聞いていた今の中学の特別支援級の授業内容であれば、この学校も含めて
いろいろな進路先を考えられると思いました。
ところが授業内容は聞いていたのとはずいぶん異なっていたようでした。

また、マロンの様子から、中学校生活が少なくとも良い感じではないことは
感じられたので、(誰と、どういうことであるのかはわかってはいましたが)
マロンが持たなくなって学校に行けなくなるかもしれないことを考えて
一年の後期にはターゲットはほぼここに決めました。
なぜならフリースクールがあるから。


いまの中学校を卒業して、その学校に行っても周りとのギャップも多くて
マロンは少し大変かもしれないな…。
それが一番の心配でした。
それでマロンの疲れ具合を見ながら、通常の勉強を少しずつさせていました。
私ができるのはそのくらいなので…。

でも、見事に?学校に行けなくなったおかげで、
数年分の勉強もできるし、フリースクールでその学校への入学準備もできる!
マロンのメンタルを考えれば、フリースクールとホームスクールの併用は
多分、最もいい形だと思っています。

今回のホームスクールもきついけど、「きついこと」はイコール「悪い」ことじゃない。
精一杯やっていれば、向こうから切符を持ってきてくれるというのは
やっぱり、超ラッキーなんじゃないのかな…と思うのです。

もちろん、これが成功するかどうかは全く持ってわからないのですが…。

【2012/08/02 00:22】 | ホームスクール・フリースクール
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。