FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習先でエネルギーをいっぱいもらったらしく、
マロンは本当のことを話しだしました。

以前もそうだったけど、安全と安心感が保障されれば
マロンは本当のことを話し出します。

こんなタイプの子が誤認逮捕でもされた日には
拘留期間に本当のことなんていえないだろうな。
たとえば本当のことを言えても
「そうじゃないだろ」と言われると
自分でもそうじゃなかったんだと思ってしまう。
それが自分に非常に不利なことであっても…。


マロンが話し出した<本当のこと>はそういうことでした。
今、ようやく、安全と安心感がそこそこたまって
自分の体験したことが<自分の思い過ごしや思い違いではない>と思えて
話せるようになったようです。

<あの日>一緒にいた先生に状況を確認しましたが、
マロンの話したことはおおむね<事実>のようです。
マロンが状況説明や連絡、報告ができないために
その点のサポートを学級にお願いしてきた私には
その内容はとても残念なものでした。

さらにほかの先生からもそれ以外の、残念な情報がありました。
それは別の先生からも聞いていたことだったので、驚きはしませんでしたが、
私が学校に対して引け目なく方向転換をするための重要な情報となりました。
マロンの置かれてきた状況を正直に教えてくださった
二人の先生にはとても感謝しています。

この特定の先生のこれらの件のほかは、本当にどの先生も(この先生も含めて)あたたかく迎えてくれて
良い時間を過ごせた場所だっただけに残念な思いと申し訳ない気もしますが、
多分これも私たちがとんでもなく飛躍するための千載一遇のビッグチャンス。
アンラッキーはラッキーに変えてしまえばいいだけです。
実のところ、これからの私たちにはワクワクしています。

<ホントにマコロンさんってば、なんも変わってない>
っていう声が聞こえてきそうです。(〃⌒∇⌒)ゞえへ

【2012/06/21 08:41】 | 自閉くんの感覚?
|

実習でのエネルギー、誇らしいですね
しまなみ
 全ての生活は、繋がっていく…。ラッキーがマロンさんに一杯ありますように!
 
 
 うちの子、 昨夜、10時半、お休み前のご本を読んで消灯した後、突如、{鉄棒で、○○ちゃんと△ちゃんに、追い出されたの]と語り始めました。
 彼女がわかる形で、保育園で困ったことを話してくれたのは、初めてです。ママパパはやっと君に安心をあげられたのかな…。
 言葉が達者なのに、伝えられない、どんなにか重い経験なのだろう、と、おもいます。
 ○○ちゃんは、発達のゆっくりした弟を大事に思うゆえにその行動に出たのが私にはわかる。娘には、{一緒に使おうよ、}とか、{もうちょっと遊んでから]とかの言葉が出ない。正解は、もう鉄棒で遊ばないこと、と、決めてしまう。
 この子達が必要な支援を得ていたら、非行などに走らない、と、有名な先生の入門書にありました。 ホントに、痛々しいほど、自罰的で、他者の失態など想定するだけで、更に傷ついてしまうらしい思考回路があります。
 2か月間、彼女に生活の中、別の社会で、エネルギーと戦略を沢山補給してあげてから、保育園に戻してあげようと思います。
 


マコロン
しまなみさん

母親であるしまなみさんはお子さんの話を聞いて
つらかったでしょうね。
お母さんには打ち明けられたことは大きな一歩なのだとしても。

しまなみさんのお子さんはもちろんのこと、
○○ちゃんたちにもサポートが必要な年齢ですね。
その場面に、タイムリーで適切な仲介があったなら…ととても残念に思います。
その場にいる子どもたちみんなの学びになりえたはずの場面だったでしょうに。

しまなみさんのお子さんも傷つく経験もいっぱいするでしょうけれど、
心があったかくなる経験もこれからきっといっぱいあると思いますし、そうであることを願っています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
実習でのエネルギー、誇らしいですね
 全ての生活は、繋がっていく…。ラッキーがマロンさんに一杯ありますように!
 
 
 うちの子、 昨夜、10時半、お休み前のご本を読んで消灯した後、突如、{鉄棒で、○○ちゃんと△ちゃんに、追い出されたの]と語り始めました。
 彼女がわかる形で、保育園で困ったことを話してくれたのは、初めてです。ママパパはやっと君に安心をあげられたのかな…。
 言葉が達者なのに、伝えられない、どんなにか重い経験なのだろう、と、おもいます。
 ○○ちゃんは、発達のゆっくりした弟を大事に思うゆえにその行動に出たのが私にはわかる。娘には、{一緒に使おうよ、}とか、{もうちょっと遊んでから]とかの言葉が出ない。正解は、もう鉄棒で遊ばないこと、と、決めてしまう。
 この子達が必要な支援を得ていたら、非行などに走らない、と、有名な先生の入門書にありました。 ホントに、痛々しいほど、自罰的で、他者の失態など想定するだけで、更に傷ついてしまうらしい思考回路があります。
 2か月間、彼女に生活の中、別の社会で、エネルギーと戦略を沢山補給してあげてから、保育園に戻してあげようと思います。
 
2012/06/21(Thu) 14:31 | URL  | しまなみ #NkOZRVVI[ 編集]
しまなみさん

母親であるしまなみさんはお子さんの話を聞いて
つらかったでしょうね。
お母さんには打ち明けられたことは大きな一歩なのだとしても。

しまなみさんのお子さんはもちろんのこと、
○○ちゃんたちにもサポートが必要な年齢ですね。
その場面に、タイムリーで適切な仲介があったなら…ととても残念に思います。
その場にいる子どもたちみんなの学びになりえたはずの場面だったでしょうに。

しまなみさんのお子さんも傷つく経験もいっぱいするでしょうけれど、
心があったかくなる経験もこれからきっといっぱいあると思いますし、そうであることを願っています。
2012/06/21(Thu) 22:32 | URL  | マコロン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。