マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあって、夕食の支度が遅くなってしまった日のこと…

マロン:「母さん、下弦っぽい月が出てるよ。」

私: 「え~~?? 何それ~。」
  (こんな時間に下弦の月が出るわけないしょ~。 それとも私の覚え間違い?
   …私もしっかり脳トレしたほうがいいのかも~。)


そうして、時間は過ぎて、マリンやマロンパパが帰宅。

マロンパパ:「そういえば、月食、見た?」

私:「あっ!あれって!! Σ(゜ロ゜;)!!  」


…東の空には右下が欠けた月

マ:「ほら、下弦の月でしょ♪」

マパ:「下弦とは、ちょっと違うけどね~。」

私:「さすがマロン…観察力、スルドイ。」

マ:「だから僕、いったんだよ~ o(^^o) 」


わずかな変化も確かに見逃さない
…いや、見逃せない。

なので、マロンたちには環境の変化はダメージになりやすい。
でも、マロンやマロンに似たタイプの子たちにとっては
人の気持ちの変化やその動き方の落差やダメージだし、
彼らにとっては予測不可能だったり、理解不能な
<人の気持ちの変化>という環境の変化は
非常に<恐ろしいもの、怖いもの>だったりします。

マロンが今、向き合っているものの一つはこれです。

【2012/06/08 05:53】 | 自閉くんの感覚?
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。