FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この数週間マロンがはまっているもの。

それは<ハミガキ>。



歯が痛いというマロンを緊急措置として近くの歯医者さんに連れて行くと

単なる生え変わりが原因と判明しました。

もののついでにと歯を手入れしてもらい、

しばらくハミガキの特訓をすることになりました。



通うこと、現在5回目。

はじめはかなりビビッていたのですが、もう、へーきで歯医者さんに入って行き、

学校と同じくらいの程度ですが、わりと素に近いマロンでいられます。

衛生士さんとはすっかり仲良くなって、

たまに笑いながら歯磨きの練習をしています。

なんだかいっぱいほめられて、ご機嫌で帰ってきては

つやが出てピカピカ光っている歯を鏡で見てはニンマリ。

そのあとは必ず歯を見せびらかします。

まるでどこかのCMです。



まだしばらくハミガキの練習が続きますが、

「楽しい歯医者さんが近くでよかった~♪」

というマロンは受診もぜんぜん苦にならない様子です。



障害児の歯の手入れは頭を悩ます人もずいぶん多いと思うし、

マロンが小さかった頃は私も、マロンも本当に大変でした。

ハミガキや歯科受診は十分に格闘の域でした。

途中からは、歯医者さんには恵まれてマロンを育ててもらったおかげで、

この部分の悩みは本当にずいぶん小さくなりました。
スポンサーサイト

【2009/02/23 21:58】 | その他
トラックバック(0) |
子どもを育てていく上で、家と特別支援学級が同じ方向を向いていることは

かなり稀なことじゃないかと思います。



とくに<自律・自立>とか<人間としてどう生きるか>という部分では

昨今は私とは真反対の考え方が主流派だと思っているのでなおさらです。

そういう意味でも、現在マロンは(”私は”が正確か?)

とても恵まれていると感じます。



家でしてきたことがそのまま授業内容で、

まるでそのままそっくり引き継いでもらったかのような気さえします。



たまに出てくる<なんで僕だけ~>という気持ちもうすうす感じていましたが、

学校ではみんな自分のできるやり方で自分のことをし、

与えられた役割を果たそうとチャレンジしているので

そういう気持ちもないようです。

逆に家でしていることが学校の予習・復習のようなものになるので

嫌がらずにあれこれしてくれるようにもなりました。



にんじんを切るのも<まかせとけ~>という感じ。

トイレ掃除も<お安い御用♪>とノリノリです。



自分のしている仕事に自信とプライドが芽生えてきたような最近のマロンです。

【2009/02/19 16:41】 | その他
トラックバック(0) |
ディの指導員さんの話では、

だんだんとお兄さん化してき始めてる?とも思えるマロンの様子が伺えます。



ディではいろいろなことを子供たちにもさせますが、

昨日は

「○くんにはまだ難しいし、大変だから、これは僕がやるね~。」

ということがあったそう。



ディサービスの方にお願いして、

マロンはトイレ掃除をさせてもらってずいぶん経ちますが、

そんなマロンの姿を<かっこいい!!>と感じる子も出始めたようで、

たまにマロンと一緒にお掃除してるようです。



そんな環境にあってか、ディでは時々、少し背伸びをしたり

かっこつけたりしてすごしているようです。





クラスの中では一番上の学年の一人で、来年度は6年生。

マロンの幼さが抜けてくるのはいつころか気になってはいたのですが、

これも少しずつステップUPしているようです。





【2009/02/14 21:19】 | その他
トラックバック(0) |
バレンタインのチョコレート、マロンももらってきました。

それもお手紙付き!

クラスの女の子が、多分、同じクラスの男の子みんなにくれたチョコとお手紙。



どんな反応をするかと思いながら

「お手紙、見せてよ~。」

というと

「ダメ~~ッ!」





これはまた、これまでにない反応。

最近は、前の学校の一番最後の担任の先生

(つまり、マロンが一度も学校ではあったことのない先生)が送ってくださった

お手紙をウキウキと開けたり、

直近では、ぴったりに届けられた、マロンの大好きなキャラクターのついた

バースディカードを開けて小躍りしたりしてました。



どれもこれも<いいでしょ~>というような感じで私に見せてくれて、

一つ一つを机の上に飾っていました。



ひと月も経たぬ間にこの反応。



一歩、また一歩。

そんな感じです。



【2009/02/13 21:10】 | その他
トラックバック(0) |
先週までは学校の玄関まで駆けて行ったマロンですが、

今週はテクテクモードで行っています。



(家から10キロほど離れた学校なので、

基本的に私が毎日、校門まで送迎してます。)



先日もスキー学習の時間は3コマ。

近隣の私有地の小さな山?までスキーを持って歩いていき、

リフトは当然無いので、なが~い坂をえっちらおっちらと登って滑るタイプの

授業だったそうです。





そろそろしんどくなってきたというのが本音らしく

「お母さんの学校とどっちがいい?」

と先日聞いたときには

「う~~~~~~ん

とうなっていました。



私はもちろん手も挙げないし、罵倒もしないけど

縛りはキツイです。

ケイン先生よりもずっと厳しいというマロンからのお墨付きもいただいてます。



それでもやっぱり学校に行くのは

学校は行くべきところだと知っているからだし、

クラスに友達がいて、休み時間の体育館にはクラスの違う走り友達がいて、

学校のあちこちに名前を呼んでくれる顔もよく知らない子達や

先生方がいるからのようです。



いくつかこの山を越えると、またマロンは大きくなるでしょう♪

【2009/02/05 14:25】 | その他
トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。