FC2ブログ
マロンとの七転八起?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格通知をもらって落ち着いたマロンに
どうしようか迷っていたことを聞いてみました。

私:「(S-HTP 法で描いた)あの畑にはこれから何を植えようと思ってるの?」

マロン:「ミニトマト」

マロンが大嫌いな野菜だ。
不思議に思ってわけを聞くと
赤くて、野菜の中では存在感があるし、とにかくこれぞ野菜なんだということをいろんな言葉で話してくれました。

その次が「ナス」、そして「ピーマン」、「きゅうり、にんじん…」
そこで、二人で
「あっ!!」

思ったのは同じこと。
「ミニトマト(赤)とナス(紫)は虹の端っこの色だよね。」
そう、可視光の端っこにその色は位置する。

「畑、虹色にできるかな」
とマロンはいろいろな色の野菜を考え始めました。
ただ、水色~青の野菜が見つからない。

私もこっそりネットで調べたけど、野菜ではないらしい。
想像してみても、ちょっと不気味かも…。

幸いマロンは固執しなかったので、その話題はそのままスルー。


虹色の畑の現実化は無理かもしれないけれど
マロンの心の中には虹色の光がさしていたのかもしれません。
スポンサーサイト

【2013/01/08 22:56】 | 普段のマロン
|

あけましておめでとうございます
しまなみ
虹色の畑ですかー。
一か所だけ水張りにして、空の青をうつすってのはあかんかしら(笑)マルチングとか
ハスでも植えるか!

寒さ本番となります。インフルも出始めました。
合格切符はもう持っているから、安心して、安全に、初春を過ごしてくださいね。



寒すぎる冬
マコロン
明けましておめでとうございます

北海道は今、節電期間まっただ中。

「低温に関する異常天候早期警戒 」も出てまして、先月にはすでに真冬並み(1月末~2月くらい)の寒さに入ってます。
先月から毎日のように真冬日できついです。
春が本当に待ち遠しいです。

しまなみさんも、
お身体には気をつけてくださいね。

畑に青…
青だけ考えると、熱帯魚とブルーハワイシロップしか思い浮かびません(^^;)

でも、<虹色に輝く畑>なんてあったら…
いいなぁ。

コメントを閉じる▲

はやぶさ 遥かなる帰還」を見に行ったときのこと。
マロンパパが渡したパンフレットを真剣に読んでいたマロン。
映画の最中もスクリーンの明かりを頼りに、
スクリーンとパンフレットとを交互に見やっていました。

青少年科学館が大好きで何度も行ってはいるのに、
マロンの興味は宇宙の分野ではなく、物理の分野。
プラネタリウムに誘ってもいっつも答えはノーサンキュー(--;)

いつか宇宙の世界に引きずり込んでやる~と思っていたのですが、
「はやぶさ」はその絶好の機会になったようです。

マロンは帰宅する車の中でも映画の話をしたり、
家に着いてからもずいぶん長い時間、パンフレットを読んでいました。
感想を聞いてみると
「なんだか壮大さを感じた」
という話し。

来月、久しぶりにヘルパーさんと科学館に行く予定を立てているのですが、
この次こそ「宇宙」展示コーナーの滞在時間が延びていればよいなぁと
とっても小さなころは天文学者になりたかった母は思っているのです。


【2012/02/23 00:11】 | 普段のマロン
|
今日から二学期。
体温調節がうまくいかないのか、
マロンは寒い日が続くと体温が下がってきて動けなくなるのですが、
真冬日がすでに一週間続いているのに、今年はまだなんとか動けています。

帰宅したマロンの連絡帳を見てみると、
今回の休みで心に残った出来事がいくつか書いてありました。

で、一番心に残ったのは・・・
ダルマ屋ウイリー事件




「水曜どうでしょう」
(北海道テレビ放送他で放送されている人気の?バラエティ番組)
ファンにはおそらく非常に人気のある場面だと思うけど・・・。
でも、ほかにもいろいろ思い出はあると思うのに、
冬休み、一番心に残ったのは、
どうしてDVDで見た「ダルマ屋ウイリー」なんだか・・・
まぁ、「水どう」見てると、幸せな気分になれるから
全然わからないってこともない・・・って、こういう親の影響なのかな。


【2012/01/16 19:01】 | 普段のマロン
|
迎えたばかりのマロンの新年は
なぜだか宿題から始まりました。

夜中に突然、宿題なんて
これまではじめてのパターンです。
理由は
【余裕を多く持ちたいから】
だそう。

明日、明後日はどうなるのか楽しみです。

【2012/01/01 00:30】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |

明けましておめでとうございます!
りふみ
マロン君、すごい
そうですよねぇー やっぱり余裕を持ちたいですよねぇ。
我が子は・・・お尻に火がつかないと動かないタイプなようです…(;´Д`)ウウッ…

夏休みも、昨年は、ほぼ介入しないでいたら
夏休み中に間に合わないものまで出ました

が、夏休みの事があるので少し学習しただろうか?と
ほんの少しだけ期待していますが
のんびーりしています。



マコロン
りふみさん

あけましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

実はマロン、
昨年の夏休みの国語の宿題がはかどらなくって
最終日までアセってたんです。
どうもそれを思い出したようで、
すごく苦手で嫌がっていた
<謙譲語、尊敬語、丁寧語>についての宿題を
マロンパパや私に聞いてました。

これまでは得意なところから片付けて、
残りの時間を苦手なところにあてるタイプでしたが、苦手なものはサッサと片付けたほうがいいらしいという気持ちに変わったようです。

コメントを閉じる▲
一緒にバスを降りて買い物に行き、

さて、帰ろうというときに



「お母さん、ぼく、(学校の指定)ジャージ忘れた。」



どこに忘れたのか聞くと<学校>といいます。

翌日は校外学習のために学校には入れない。

明日、校外学習の終了後に一緒に学校にいって

ジャージを回収しようかなと思っていたら



「お母さん、ジャージ、ぼく持ってきたもん。バスん中だ…。」



「(えええ~っ!!Σ(゚д゚;))じゃぁ、バスを追いかけないとね~。」



ということで、またまた乗ってきたバスの終点、<T>停留所へ。



バスが掃除を終えて、発車してしまう前にジャージを見つければ

一番労力が少なくてすむ…。

そんなことを考えながら、焦りながら安全運転?でバスの待機所へ向かいました。



停車中のバスは4台。

1台はまだ掃除中。

運転手さんがいたので事情と

乗ってきたバスの始発駅の発車時刻と経由を話しました。



一番手前…多分、一番最初に掃除が終わって、

次に発車するバスの運転席にジャージの入ったバッグがありました。

マロンと二人で何度も運転手さんにお礼をいって、無事回収。

あ~、よかった。



でも、二度あることは三度ある…路線そのままだったら、

またここに、こんな感じで来るんだろうかと思うと

ちょっとため息が出てしまいました。



もう一度、お店に寄って旅行用カバンにつけるネームタグを買い込み、

名前と電話番号を書きこんで、ジャージ用バッグに縫い付けたのは

言うまでもありません。



【2010/06/04 23:46】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |
昨日、マロンの行き先が決まりました。



1月下旬に指定変更をお願いして、

小学校も意見書を出してくれていました。

<検討後連絡する>とのことで、待ってひと月以上。



指定変更を希望したケースには3月1週目が終わってようやく連絡が来たケースがあることを知っていたので、あまりあせってもいませんでした。

ただ、入学式までひと月きったので、一応電話。

<最終的にどうしたいのか>と聞かれ、まだ検討前であるとわかり、ちょっとあせりました。

でも、担当の先生がずいぶん急いでくれたのか、

その日の午後に<変更を認める>との連絡をいただいて、

今日、指定変更手続きをしてきたところです。



行き先が決まったマロン

「ぼく、やった~。○中にしてよかった~。」

ちょっと喜び方が違う~(--;)

受験と違うのにこの反応。



このひと月あまり、本人もどことなく不安だったのでしょう。

そのあと宿題も手付かずのまま3時間も夕寝をしていました。

目が覚めて

「わぁ!波乱万丈だ!」

(つまり、たいへんなこった!と言う意味)

と焦りまくっていたマロンでした。



【2010/03/09 22:30】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |
算数の教科書の終わり近く、いろいろな問題が載っています。

今日出た宿題はその部分。

その中にメビウスの帯の問題がありました。



帯の幅、まん中から切ったら、

帯の幅3分の1くらいで切ったら

それぞれどうなるかという問題。



悩んでいたので、実際にやってみせました。

<あれ~?>という反応。

教科書に載ってないけど、

「表側に線を引いていって」

と頼むと

「え~~~!!ぼく、表にしか書いてないよ~!!」



それからしばらくマロンは<メビウス>にはまってました。

前やってみせたときよりはよほど今日のほうが食いつきよし。

でも、<クラインのつぼ>には興味がわかなかったみたい。



あとにはメビウスの残骸がいっぱい。(笑)

でも、私が子どもの頃はもうこれ以上は幅が細すぎて切れないって

言うくらいさらに何度も、何本も切ってたんだけど。

よほど私のほうがとことんこだわるタイプらしい。



この部分、よほどマロンのほうが標準に近いのかも。

【2010/02/23 22:40】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |
私の喘息発作、マロンパパのKOとあわただしいマコロン家。

マロンはそこそこ調子よし♪



いろいろな公共交通機関に慣れようということで

数年かけてお出かけを繰り返してきたのですが

去年の暮れあたりからは<JR>もそれに加わりました。



昨日はお隣の市まで<JR>でお出かけ。

行きは快速で十分に混雑。

いつもは窓にへばりつくマロンも

混雑と窓ガラスのくもりがひどくて途中でお休みモードでした。



目的地について10分ほど駅前をうろつき、

速攻で戻りました。

途中、海水浴場として知られるところがあるのですが

そこではサーファーが何組もいて、マロンと私とでびっくり!



冬の日本海の海の波はいいとは小耳に挟んだことがあるとはいえ

ほんとに、この真冬にいるんだぁ。



しばらくびっくりした後、も一度マロンは熟睡モード。

はじめは空き空きだった区間快速も下車駅近くではかなり混みました。

そんな中、マロン一人、座席でテレッとして、大口を空けて

「クカ~~~ッ♪」



マロンは路線を覚えるのは得意みたいですが、

乗り物ではとにかく寝るので、きっと目的地で降りられないだろうというのが悩み事です。

【2010/01/25 23:10】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |
今年は激動?の年だったのかもしれません。

マロンがほぼ二年半ぶりに学校に行き、

私としては(やることはありすぎて困るのに)サビシイ年回りでもありました。





で、マロンはというと

今年は初めて自分から<お年賀を書きたい>と言ってきました。

今までは、どう書いたらよいのかわからないので、

出したい気持ちがあっても、書く気持ちが起きなかったと話していました。



年賀状(というよりも葉書き)の書き方や郵便番号の調べ方を教えて、

「あぁ、そうか。(自分にくれた年賀の差出人の)こっちの住所を

あて先にすればいいんだ!」



何度も教えてきても未消化だったことが

自分の意識を使って理解できたことで、ようやく彼のものになりました。





お年賀は元旦に受け取りたいものなので、

そのためには仕分け作業などにかかる時間を考えて、

12月25日までに投函するのが確実なこと、

だから<早く書きなさい>と私が言っていたことも

ようやくここに来て理解でき

「やっちゃった~どうして早く教えてくれなかったのさ

(母は教えたよっ!

と頭を抱えてもいました。





年賀状だけで<彼なりにわかったことがいっぱい>で疲れてしまって

ぐったりもしていた今年のマロンの大晦日5日前でした。



この数日は雪かきや大掃除のお手伝いをしてくれて、なかなかの戦力です。



特別支援級、通常級問わず

たくさんの仲間と、幾人かの気の合う友達のできたマロンの今年でした。





【2009/12/31 21:42】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |
今週はゴミステーションのお当番。

そして今週は、一週間雪予報。



朝、お弁当を作って、ゴミステーションと家の前を雪かきして

お洗濯と若干のお掃除をして、朝ごはんを作って子どもたちを送っていく

となると、大雪なら朝は4時起き。



ということで、一昨日はいつもの読み聞かせを勘弁してもらって

早く寝ました。

ウトウトしたところで人の気配。

目を開けるとマロンが立って、にっこり笑って私を見てました。



「おかあさん。明日、僕も早起きして、雪かき手伝うからね♪」



そしてマロンがおきてきたのは5時。

思ったよりも降雪が少なく、早く済みそうだったのでもう一眠りさせると

起きてきたのは6時50分。



ひどく焦りながら着替えをしたマロンと二人で

マロン用に残しておいたエリアを一緒に雪かきしました。

学校に行くときには少し眠そうな顔でしたが、それでも満足げな様子でした。



マロンは本当に優しい子です。

【2009/12/16 11:10】 | 普段のマロン
トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。